千葉県の家族葬

家族葬プラン

千葉葬儀社紹介センター独自プラン

最も多く望まれている葬送のかたち
千葉葬儀社紹介センターの家族葬は上質の安心独自プランです

家族葬プラン

千葉の家族葬を安心・明瞭な価格とサービスで提供いたします

家族葬とは近親者のみで故人を偲ぶことができるお葬式の形式です。
密葬と家族葬が似ていると一般の方をは思うかもしれませんが密葬と家族葬には違いがありますのでご注意ください。
家族葬は密葬同様、ご家族やご親戚のみの小規模な葬儀が基本となります。
密葬も家族葬も一般の葬儀と同じように葬儀・ご火葬を行いますが、密葬に関しては後日ホール等にて改めて本葬(骨葬・お別れ会)を行います。
これに対して家族葬は後日の本葬はありません。2日間の通夜式・告別式で完結した形式になります。

家族葬と火葬式

もう少し簡潔に行われる火葬式と家族葬の違いは明らかで、家族葬は通夜式・告別式を行いますが、火葬式は式自体を行わず火葬のみで行われます。
場合によっては火葬場の共有スペースにて簡単なお花入れとお別れ、お読経を頂くこともあります。 地域によって異なりますがどの地域もなかなか火葬場の共有スペースでの長時間のお別れは許可を頂く事が困難な場合がございます。 事前に葬儀社と相談し、ご利用の火葬場がどこまで可能なのかをしっかりと確認しておく必要があります。

家族葬と通常の葬儀(一般葬)との違いは何でしょうか。

家族葬と通常葬儀(一般葬)の違いとしては、基本的に一般の方をお招きしないという事。
家族葬は一般の方をお招きしない為、ある程度の人数が限定できます。
お料理・返礼品といった費用(変動費)などが一般葬に比べるとそれ程かかりません。
一般葬での通夜振る舞いで用意するお料理はある程度の幅を持たせた量を想定しなければなりません。
特に対象者様(故人様)や喪主のお仕事が現役の場合には想定していない方達がいらっしゃっることも多いです。
お料理が余るのは気が進まないかもしれませんが、「通夜振る舞い」でお料理の不足というのは何とも恥ずかしいところです。
対象者様(故人様)の人柄にもよりますがお料理で最後のおもてなしを考えるにあたり一般葬では費用の大半を占める場合もあります。
これに比べ家族葬は近親者のみというところもあり細かく言えば「あの人はどのくらい召し上がる」事も予想できますし、 「どのくらい気を遣えばいいか」「どんなものが好きか」「何を飲むか」まで大抵の予想がつきます。
つまり多過ぎず少な過ぎずのお料理を用意することが家族葬では比較的安易に行えます。

お料理以外にも移動でのマイクロバスの用意や案内看板、人数も多ければ式場の大きさや葬儀社のスタッフの数。親戚の方にもご協力いただくような事(受付や案内など)も出てきます。
式場が多きければ設備関係や祭壇も大きくなってきます。
家族葬という人数を限定する場合と一般葬という限定しない場合では様々な事が違ってきます。

家族葬のいいところ

家族葬のいいところはやはり参列者へのおもてなしがさほど必要とされませんのである意味「見栄」を張らずに、気心の知れた皆様でできる葬儀の形式になるという事です。
ご家族の精神的、金銭的な負担を減らすことが出来るというところも家族葬の特徴です。
移動も親戚同士の乗り合いなどで何とか済ませることもできますしお料理・返礼品も少なく済みます。
もちろん少人数で行えることから式場も小さめにできます。
祭壇もお花を皆さんで出し合ってもよし。
家族葬は親戚同士の話題になり、和気藹々としたものになります。一般の方のあいさつ回りなどがない分しばらく会ってなかったご親戚ともしっかりとお話をする事が出来ます。

年々家族葬は増えつつあります。
当社でもこの家族葬が一番人気となっております。
是非東京・千葉で家族葬をご検討中の皆様はご相談ください。

家族葬は以下のようなお考えの方に

〇 悲しみが多すぎて会葬者に気を使うような通常のお葬式はできない

〇 生前の故人の意思を尊重して家族葬にしたい

〇 故人が高齢の為家族以外を呼ぶ必要がない

家族葬プランの費用のご説明

●フラワー祭壇(小)
家族葬の祭壇は約12尺程度(約3.6m)のフラワー祭壇になります。
家族葬の祭壇に使われるお花の色や種類をお好みのものにする事もできます。
季節や仕入れ状況によりご指定のお花をご用意することがこんな場合も御座いますのでご了承ください。

●寝台搬送車
寝台車は1回分入っておりますのでお迎えは無料となります。

●お棺
お棺は白の布張りでご用意いたします。
ご希望に応じてオプションにてお色の変更やグレードアップが出来ます。

●役所手続き
市役所への死亡診断書の提出はサービスとなります。
提出方法が各自治体によって異なる他、 火葬場へ火葬(埋葬)許可証の提出方法や提出のタイミングが違いますので当社で行った上、 責任をもって許可証の提出を致します。

●供物一対
祭壇に飾る供物を一対ご用意させて頂きます。

●ドライアイス(3回)
3日分のドライアイスが入っております。
時期によってはお住まいの地域の火葬場の空き状況やお寺様のご予定が合わずに仕方なく長期にわたり安置をされる場合も御座いますのでご了承ください。

●ご遺体処置
通常の処置が付いております。
対象者の状態が通常ではなかった場合や安置日数が延びてしまった場合等、状況に応じて特別処置(消臭・殺菌・特別メイク)が必要になる場合はこれに含まれません。

●僧侶・神官のご紹介
宗派によってご希望に合った僧侶をご紹介させて頂きます。

●遺影写真セット
遺影写真は通常の黒淵のものから淡いパール色の物までお好きなものをお選びいただきます。
対象者のイメージに合った背景や着衣も合成し、より自然に仕上げることも可能です。
セットとして四つ切サイズとはがきサイズ程度の物がセットで付きます。

●後飾り段一式
家族葬(葬儀)終了後、ご自宅にお骨を置く為の段を飾らさせて頂きます。
式場で飾りましたフラワー祭壇から一対分のお花をご用意し、一緒に飾ります。 簡易的な段と小リン・ろうそく・線香・線香入れ・燭台・香炉・灰がセットです。

●司会進行
当社スタッフによる司会です。

●白木位牌
49日までの間にご利用になる白木の位牌です。

●火葬案内
当社スタッフにより案内をさせて頂きます。
家族葬の場合会葬者が少数であることが前提ですので極端に会葬者が多くなってしまった場合には増員をお願いする場合がございます。

●礼状
家族葬で想定されるお人数分をご用意させて頂きます。
基本的には一般の皆様をお招きしない形式で「家族葬」としておりますが、一般の会葬者もどうしても数人来てしまう事が現状です。
想定されるお人数分を作成しサービスでお付けいたしますのでご安心ください。

●焼香具一式
通夜式・告別式でご利用になられる焼香具をお付けいたします。

●受付関係
家族葬で想定されるお人数様分(50名分)の受付設備と記帳用具をご用意いたします。


以上が家族葬プランに含まれる内容となります。
もちろん上記の内容からグレードアップをすることは可能です。
祭壇やお棺などはお好みの物を選ばれる方が多いです。

別途で掛かる費用として

●式場使用料
家族葬ですので50名程度の式場で十分だとは思いますがご利用になられる式場・火葬場により料金が大きく異なります。
一番小さな式場でも80名・100名用というところも御座います。
●霊安室
地域によって価格が異なりますのでお打ち合わせの際にご案内を致します。
もちろんご自宅安置をご希望される場合は不要となります。

●お料理・お飲み物
お料理は通夜振る舞い・お清めがございます。
家族葬の場合は人数の想定がある程度安易な為、無駄なくご用意が出来ます。 お料理の料金は当社がご紹介するお料理屋さんからの直接のご請求となります。 
お飲み物はどこの地域でも基本的に火葬場の売店からの提供となります。
お支払いは売店に直接となることが多いです。
必要に応じて当社スタッフがご案内をさせて頂きます。

●返礼品
返礼品はご利用になられた分のみのご精算となります。
「二日間の会葬者の分」と葬儀から1週間程度は家族葬の場合ですとお仕事関係の方やご近所の方がいらっしゃいますのでその分を考慮してご自宅にお持ち帰りください。 数日後に使わなかった分の回収とご精算をさせて頂きます。

●お骨壺
お骨を入れる容器と桐箱、白布とカバーをセットでお付けいたします。
通常は白の無地の瀬戸物容器になりますが、柄の入った容器や色のついた物もたくさんご用意してります。

●読経料(お布施)
一般葬でも家族葬でも変わりはありません。菩提寺をお持ちの皆様はお寺様とご相談してください。

●マイクロバス(タクシー等)移動費
式場からの移動はなるべく皆様ご一緒に移動されると火葬場の出棺時間に皆様揃って立ち会えます。
数十人での移動は必ず遅れてしまう方が出てきてしまうものですのでマイクロバスの利用をお勧めしております。

このような費用を節約する方法としては火葬場での式場をご利用になられますと式場から火葬場までの移動費が節約できます。
つまりマイクロバスやタクシーの手配の必要がなくなります。